実は木造住宅は鉄骨の家より火災に強い事知ってましたか?

木造の家

木造住宅の寿命について

木造住宅は、コンクリートなど丈夫な素材で使った建物よりも耐久年数が一般的には低いといわれています。では、木造住宅はいったいどれくらいの耐久年数があるといわれているのでしょうか?
1.木造住宅の寿命は30年
一般的に木造住宅の耐久年数は、30年くらいであるといわれています。これについては、おおよその住宅に使用されている設備などが、築30年くらいすることによって寿命を迎えてしまいます。
そこで、リフォームや住宅のメンテナンスが必要なのですが、リフォームとなると結構な値段がかかってしまったり、あちこちやるのには手間になってしまう面がありますから、リフォームをするよりも立て替えて一挙に処理する方法を選んだりします。そういった事情があって、国土交通省などの報告などにより、おおよそ木造住宅の寿命は30年といわれています。
2.しっかりと家の設備を管理すればもっと寿命は伸びる
ですが、この寿命はリフォームなど手入れをしないことを前提に言われていることです。リフォームなどによって家の手入れを行えば、防水性や耐久性などが向上し従来よりも長持ちする家が生まれます。しっかりと手入れすれば、木造住宅でも80年は持つとも言われています。
今後、技術の発展もあることからより住宅の寿命も長くなるといわれています。木造住宅でもしっかりと手入れをすれば、一生住めるほどの寿命の家になるのです。

Article

日本で最もポピュラーな木造住宅の良さ

木造住宅は日本では最もポピュラーな住宅です。日本人は多くの方が馴染んでいるものですし、自分の家を建てる場合はやはり木造が良いと考えている方は多いのではないでしょうか。日本は古来から木材を使った建…

»more

節約したい時は木造住宅はおすすめ!

どこかの住宅を借りたいと思うとなると、賃料が1つの基準になってきます。そもそも多くの方々は、賃料などはできるだけ安く抑えたいとお考えです。毎月の負担額を節約したいと思う方も、多い訳ですね。…

»more

木造住宅の隠れたメリットとは?

木造住宅は、日本の気候や環境に非常に適した建築方法で、住環境において様々なメリットをもたらしてくれます。近年、こういった機運は徐々に高まりつつあり、木造住宅に使用される木材は、建築材料と…

»more

木造住宅の寿命について

木造住宅は、コンクリートなど丈夫な素材で使った建物よりも耐久年数が一般的には低いといわれています。では、木造住宅はいったいどれくらいの耐久年数があるといわれているのでしょうか?1.木造住…

»more

TOP